<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

なでなで   

午前中
眠たそぉだった小トトロだったけど、結局うまく寝付けずにお元気さんになってしまったので、図書館に行ってきました。

家にある、お祝いでいただいた絵本を読んでも、おもちゃのほぉが好きでそっちに集中してしまいます。だけど読んでいる声は頭に響いてるらしいから、小トトロがおもちゃをぶんぶん振り回していても大トトロはひとりで読んでます。

日曜日とあって図書館は人がたくさんでした。小トトロは天井の電気が気になってじーっと観察。

キッズコーナーでキルト絵本を見せて、飛び出す絵本で遊んで、ちょっと座ってるのに飽きたら抱っこして雑誌コーナーに行ってぱらぱら。だけど小トトロが興味を示していたのは…隣に座ってきたママさんとトラ柄の服を着た赤ちゃん。黄色い服をじー…小トラくんも小トトロをじー…ママ同士「すいません」と苦笑い。
「小トラくん小トトロよりもちょっとお兄さんかなぁ?」とささやきながら再びキッズコーナーへ。キルト絵本で遊んでいたら、あの小トラくんが今度はパパさんに抱っこされてやってきました。再び「じー…」

ちょっと気まずいょ…

本格的に眠たくなったらしく目をこすりだしたので帰る準備を。
入り口の長椅子に座って小トトロカーに乗せてあやしていたら、おもちゃのちりんちりんの音に4,5歳くらいの男の子がにこにこしてやってきました。ほんとに満面の笑み。「こんにちは」って言ったら、にかーって笑って小トトロのアタマをなでて(本人はなでてるつもりなんだけど加減とゆぅものがまだわからないみたいで、何かをアタマに押し付けるよぉなカンジでした。)くれました。ふにょんてアタマがなりつつも小トトロはなにがおきたかはわからずで…

なでなで
ふにょん
なでなで
ふにょん
…笑顔だからまぁいっか…なんて思いながら「ありがとねー」
図書館の中から彼のお母さんとお姉ちゃんが出てくるまでひたすらなでてくれてました。お母さんびっくりして謝ってたけど、こちらとしてはなでてもらってたので。まだ赤ちゃんだからイタズラになってたらいけないとひやひやするみたいですが。
ばいばいをして「なでてもらえてよかったねぇ」と外に出たら、後ろから「ばいばーい」と…車の窓からちっちゃな顔と手が出てました。

なんだかほんわかなそんなカンジでした。
[PR]

by sa_vertin | 2011-02-27 20:40

はぴはぴばーすでい   

a0053527_22581929.jpg

a0053527_22581913.jpg

両方とも直径が15センチくらいのケーキです

イチゴがのってるほぉは無傷にしたかったので、なんにものっていないチーズケーキにローソクを立てました



なんせ小さいので歳の数ほども立てると満杯に…
しかも周りから火をつけていったので真ん中のほぉはどぉしたらいぃんですかぁとゆぅ事態になり…
結局ぱぱん自ら火をつけるハメに陥りました

ばかじゃねぇの

何度いわれたことか…
すいませんねぇ(汗)


火事の如く燃えるローソクを小トトロはほぉ〜とゆぅよぉに口をすぼめて見てました
あと半年もしないうちにローソク1本たててお祝いができますょ
楽しみですね

ぱぱんおめでとでした
早くプレゼントあけてくださぃ
[PR]

by sa_vertin | 2011-02-23 22:58

親ばかぶり発揮中   

a0053527_22321694.jpg

ローソク1本

もちろん誕生日ではなくて


寝返り記念日おめでとぉ


プッチンプリンにローソク1本
の図

なのです


夕飯の支度をしてる間は台所から見える位置に小トトロをころんとさせてるのですが(まぁ大抵、頭と足で移動してマットからはみ出ていってますが)ふと見ると、後頭部がゆさゆさ揺れてくぐもった声を出してますょ的なことになっており…あらぁ?と見に行くと…ころんてなってる!…が…寝返りできたはいぃけど、その後はどぉにもこぉにも身動きがとれず首が疲れちゃってもぉだめ状態(笑)。

だけどそんな姿もかわいくて
はぁはぁゆってる小トトロをぶんぶん振り回し
ぱぱんに連絡
帰りにプッチンプリンを買ってきてもらった次第です


「小トトロは若干(?)おっきいから遅くて当然」
とかまえてたつもりだったけど
検診とか子育て相談とか行くとやっぱちょっと気になったりして…
そのうちできるよぉになるからだいじょぉぶねぇ
なんて話しかけて
当の本人はおもちゃと格闘


6ヶ月ぎりぎりで寝返り記念日を迎えることができました



きのぉはファミリーサポート

ボランティアで子持ちのママさんやベテランママさんが子どもを見てくれる制度です。ママさんの息抜きのためにも利用できるし保育園などのお迎えなどもお願いできます。

の講習会がありました

朝からばたばた
天気がよかったのでお布団ほして洗濯して
あーおっぱいおっぱい
みかんジュース作らなきゃ
うんちでましたよぉ
掃除してしまいたいけどぉ
無理っ
眠たそぉな小トトロを小トトロカーに乗っけてダッシュ

講習会の部屋には30人ばかしのママさんたち
…みんなきれいだなぁ…
なんて思いながら着席

大トトロはお化粧のしかたがわからないので(爆)
ファンデぬってアイシャドウをてきとーに重ねてリップでおわり
ぱぱんに
「化けるならもっと上手に化ければいぃのに」
と言われたことがあり…
この歳になって化粧のしかたがわからんとか有り得ない
と自分でも思い…
雑誌やらネットやら見てはいたものの



さぁ〜っぱりわからん

とゆぅのも
どぉゆぅのが自分に合ってるのかってゆぅとこから既にわからずつまづいてるのです
ちゃんとお店で習いたいなぁ…


なんて思い始めて早3ヶ月




そんなこんなでママさんたちの中に入っていくのは気後れしてしまう大トトロなのです
だけど講習は受けなくちゃいけないわけで


きのぉは保育士さんたちが園で使っているおもちゃを作りました
中でも大トトロがハマったのは牛乳パックを使ったパペットマペット
絵心はなくとも…
動物に見えたらいぃんだ
小トトロに見せてもまだ楽しさはわからないけど…

家にあるもので作ることができるのはありがたいことです



講習の間、小トトロは託児室にいました
だいぶ泣いて保育士さん大変だったろなぁ
と思いながらのぞくと…
似合わないちっちゃなベッドで寝てました
赤ちゃん用のベッドは似合わないんですょおっきいから…
でもほとんどがハイハイ以上のハイレベルなおこちゃまなので
畳に寝かせると危険なのです…

5分くらい前に寝たんですょぉ
と保育士さん
おかぁさんけんしょう炎なってません?腰は大丈夫です?
と保育士さん
体格がいぃから頼もしいですねぇ
と保育士さん

…重たかったんですね…

ベッドを入り口まで押してくれよぉとしたものの
あら、動かないゎ

下が畳だから小トトロの体重で車輪がめり込んでたんです
なんだか申し訳なかったのでお礼を言って抱っこして退室いたしました



小トトロよ…おっきくなりましたな…
さぁ次は何ができるよぉになるかなぁ
楽しみですねぇ
[PR]

by sa_vertin | 2011-02-23 22:32

世間様   

小トトロがやってきてから
なんだか以前にも増して涙もろくなったみたぃ

まぁ…もともとキツぃことを言われるとうるっときてしまう大トトロですが…

いろんなね
事件とか事故とか…ちっちゃな子にまつわることを見聞きすると
それが悲しいことだったりするとほろりぽろりほろり
なのです

側でぐんぐん成長していく小トトロを見てるからかなぁ…

おもちゃ相手に口とがらかせて
ぶーーーーーーーーーーーーーー
って言ってるのを見て
まんまかわいぃなぁと思います
できることが増えるたびに
ありがとぉ よかったね おめでとぉ
がでてきます

まだまだなんにも知らないわからない
そんな存在が横にころんってしてるから
世の中のひとの有り様に少しもやがかかって見えるのかな

なんかおかしぃなぁ
そぉ感じることがだんだん増えていってしょっぱくなって
でもいつまでも感傷的になってるわけにもいかず

小トトロと遊びながらもひとりしゃべる大トトロ

さぁ
明日はおひなさまがやってくるぞ
[PR]

by sa_vertin | 2011-02-18 18:44

ちっちゃなスローガン   

色でたとえたら
暖色ばかりになってしまうよぉな
そんな気持ちで
いろいろ想像して
わくわくして

途中まではいつもそんなかんじ


あんまり経験したことがないから
どぉしてもだんまりになってしまう
朝になったら気持ちを切り替えて
「またやりなおしたらいぃ」って思うけど
少しずつ思い出してよくわかんなくなって
もやもやになってあぁーーーーーってなって

同じ物事でも
見る方向によって
善くも悪しくもなり得る

途中で失笑だから

情けなくなる
[PR]

by sa_vertin | 2011-02-12 00:21

成長ぶり   

今日は小トトロの皮膚科の日でした。
最近ではおっぱいの時間もあいてきたので外に長く…と言ってもベビーカーにおとなしく乗っていられるのは1時間が限界ですが…出かけられるよぉになりました。なので病院に行く間は心配ご無用。ですが、午前中まったく寝ていなかったのでお昼にはうつらうつら…もぉ我慢ができなかったらしく待合室の長いすで寝てしまいました。診察を受ける当の本人が寝てしまっては困りますが、しょぉがないね。月曜日だということもあって患者さんもたくさんだったし、呼ばれるまですぅすぅおやすみたいむ。予約時間をかなりすぎてから小トトロの番号が表示され、ころころ小トトロカーを押して小トトロを抱っこして診察室へ。次いで写真室→処置室。処置室の看護師さんからは「貫禄があるねぇ」と褒められ(?)部分麻酔をされました。
麻酔がきくまでの1時間ちょっとはちょぉどぱぱんのお昼休みとかぶったのでケータイでお話しつつ、小トトロのおっぱいたいむ。「はぁ~のんだのんだ」状態になる頃にはぱぱんも残り少ないお昼たいむをひとりのんびりすごし(←たぶん)大小トトロは出産の時にお世話になった助産師さんに会いに産婦人科の病棟に寄りました。
「小トトロおっきくなったねぇ。重いなぁ」と抱っこされ、しかし小トトロは最近、人見知りを始めたよぉで抱っこされるとしばらくたってから「…ふぎゃっ…」と泣き出し…入院病棟なのでこれから出産っておかぁさん方がいるわけだから、泣かせちゃまずいと即パス。「大トトロはまた痩せたねぇ」と言われ満面の笑み。そりゃぁ…大トトロのままだったら大変ですから…(苦笑)。
近況報告をすませ「また来月~」とさよならして再び皮膚科へ。
レーザー室に行き体を固定(?)するマットに乗せられたのですが…小トトロはなんせ大きいのでマットが小さくて体がはまらず…先生と看護師さん笑いながら(ちょっと困ったよぉな…)乳児用ではなく幼児用のマットを出して、小トトロをくるんでくれました…なんだか複雑な気分…先にも書いたよぉに、小トトロは人見知りをするので大トトロが見えなくなった時点で顔が歪み、マットをごそごそしている間にただごとじゃないと察知し「…っぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ」と泣き喚く始末。まぁ微笑ましい図。レーザーをあてるのでままんは退室。待合室まで聞こえる泣き声。くっくっくっくっと笑いをこらえてたつもりだけど、なんか顔がどぉしても笑ってしまって…出てきた小トトロは大粒の涙をぽろぽろ流してるとゆぅのに、なんだかかわいくてやっぱり笑ってしまいました。
薬をもらいに薬局に行けば薬剤師さんたちからかわいがられ…まぁどこに行っても赤ちゃんてゆぅのは人を寄せ付ける力を持ってるんだなぁ…としみじみ。
駅までの道のりは天気もよかったおかげでぽかぽか気持ちよく、久しぶりにのほぉ~んとしてしまいました。
帰りの電車はいつも乗る快速ではなく各駅停車のいわゆる鈍行(?)に乗って。すいてたので小トトロをひざの上に乗せられました。外をじーっと見る小トトロ。なんだかいつの間にかおねぇさんになったなぁ…と嬉しくもあり、たのもしくもあり…母親って大変なこともたくさんあるけど、こんなふぅに成長していくのをそばでみていられる特権があるんですね。

どんなことをしても、どんなに困っても振り向いてみると母さんがいて父さんがいて家族がいて…ちゃんと見守ってくれてて、だけど「自分の力でがんばりなさい」ってお尻たたかれて…昔で言う「愛の鞭」ってやつでしょぉか、そぉゆぅの大事だなと思います。一昔前の子育てのしかたと今ではだいぶ違いますが、でも愛情の大切さ、ふれあいの大切さ、手をかけてあげることの大切さ、それらは育児をしていく中で決して欠かすことのできない大事な要素です。想ってもらえることの心地よさを知っているからこそ大切な人にも優しくなれる。状況は違えども自分が優しくなることで誰かが幸せになれるって「けっこぉすごくない?」って思えたりするんじゃないかと…はぃ。

…何が言いたいのかわかりにくくなりましたが…まぁそんなこんななのです。「あまちゃんがキレイゴト言ってる」と言われるかも?まぁそれもありですね。なんでもありだけど、大切なものは忘れるなよ、と言いたいだけです。

小トトロがぱぱんのいびきに驚いてます(笑)。寝ながらぱぱん領に入っていくので、朝にはぱぱんははじっこに追いやられてしまいます。寝相が悪いのはぱぱん似だからしょぉがない(笑)。いっぱい寝ていっぱい遊んでおっきくなっておくれね。
[PR]

by sa_vertin | 2011-02-08 02:40

ひとこと   

黒くて重たいちっちゃな感情
ちょっとずつ増えていく

もぉ少し女らしくしなきゃ
とか
歳相応な格好しなきゃ
とか
おとなっぽく
とか

がんばりたいけど
今やってることで手一杯
ひとつずつあげたら大したことじゃない
だけどなんでかいつも焦ってしまって

心に影がおちる

なかなか自分のことにまで手がまわらなくて
出かける時とかぱぱんにちょっと悪いなぁと
久しぶりに一緒に出かけて思った

もぉ少しなんとかしなきゃ

髪をとく度にため息がでる
そのうちはげるんじゃないかってくらい抜ける
今はしょぉがないってわかってても悲しくなる
ひとつに結ぶ度に実感する
4巻きできつきつだったのが5巻きが余裕でできるくらい
どれだけ抜けたらいぃんだろぉ
ホルモンの影響もここまでくると悪意すら…

新米ママさんが孤立するってゆぅ意味を痛感する
涙がでるよぉな事件の一因になってしまってる
誰かに話せたらよかったのに
って周りは思うんだろぉけど
自分の世界なんて家の中のたった一部屋でしかないから
そこまで頭が働かなかったりするんだ
そんな自分も半年前までは傍観者



羨んでるだけじゃだめ
願ってるだけじゃだめ

わかってる
だけどなんか鉛みたいに重たい気持ちがある
捨ててしまいたいけど重たくて運べない気持ちがある

何の気ないことで吹っ飛ぶこともあれば
何の気ないことで10倍になってのしかかったりする

考え方ひとつだけど
[PR]

by sa_vertin | 2011-02-01 22:56