<   2009年 03月 ( 85 )   > この月の画像一覧   

想ひ事   

ふたりの会話はもぉおしまい
ふたりの背中を見る事ももぉない
ふたりの笑い声を聞く事もないだろぉ

これでおしまい

おしまいにしたい
[PR]

by sa_vertin | 2009-03-21 20:58

ばか   

惨めな気分
[PR]

by sa_vertin | 2009-03-20 08:18

懐かしい天井   

ふと目が覚めて
ここはどこだろぉと思った
すごい寝汗
悪夢だった
笑いたくても笑えない現実
[PR]

by sa_vertin | 2009-03-20 03:06

守りしモノ   

いつまでもどこまでも一緒だと思っていた
だけどその想いもある一線で途絶えてしまった

悪いのはあたし

言葉にできないくらいの淋しさ抱えて
毎日毎晩彷徨ってただ温もりを求めていた
雲は西から東へ流れいつの間にか見えなくなった

ねぇ赦してとは言わないの
ただ今まで通り話したり笑ったりしたかったの
でもそれももぉできないのね
あたしとあなたとの間には大きな川ができてしまった
絶対に渡れないよぉな川が
その川を渡るためには何かを犠牲にしなくてはいけなくて
でもあたしには何もなくて
ただ此処から這い上がる力が欲しかった
そしてあなたに会いたかった 笑顔で
でもきっとあたしはあなたの前じゃ笑えない
だってあまりにも大きすぎるんだもの その川は
真っ直ぐに守りたかったよ この想い
真っ直ぐに守りたかったよ あなたへの想い
声を聞いた瞬間わかったわ あなたの優しさが
でもあたしはその優しさには応えられない
可愛すぎる夢の中でどぉやって生きていけとゆぅの
強すぎる光の中でどぉやって生きていけとゆぅの
焦げた肌に刻まれるのはいつも同じ傷

何も感じなければよかった
何も見なければよかった
そしたらこんな悔いを残さずにすんだもの
あなたが捨てたものをあたしは拾いたかったけど
その役目はもぉ他の人がしてるから
あたしはもぉ必要ないのね
[PR]

by sa_vertin | 2009-03-17 01:02

赤い靴   

踏切に寝転んでも死ねない地獄
派手な背中にさよならして爪を噛む
いつまででも待つつもりで傘を買うけど
笑うように降る雨に淋しさひとつ
悪かったと言えさせたくて黙っていた
このままあなた車で眠っていようか
しけたタバコくわえたけど味気ないね
人の群れに馬鹿な背中と冷えた靴
[PR]

by sa_vertin | 2009-03-16 23:01

売女   

別に好きでこんな顔してるわけじゃないのに

別に好きでこんな想いしてるわけじゃないのに

あたしがこんなだからあなたたち笑うでしょ

誰にだっていい顔したいわけじゃないのよ

だけど軽い口調と笑顔で流さなきゃ笑うじゃない

奇麗な服も長いまつ毛も何も残ってないあたしを笑うでしょ

笑ってもいいのよ好きなだけ

惨めな女だねって嘲笑ったっていいのよ

少し奇麗に見えれば少し優しくなれればそれでいい

擦れ違い様に見えるヒトの声を聞いて泣いてもいいんでしょ

淋しさだけじゃ夢もみれない
[PR]

by sa_vertin | 2009-03-16 22:41

いらないものたち   

もぉ諦めよぉと何度も思った
もぉどぉしよぉもないのだから、と

だけど諦めきれなかった
もしかしたら
そんな気がしたから
そんなことあたしが思ったって
結果が変わる訳じゃない
捨ててしまえばいぃ想いも
忘れてしまえばいぃ感情も
心に同じひとがいるから
あなたのドアを叩けない
触れちゃいけない過去たちが
剥き出しのまま風に揺れてる
いらない荷物は捨てればいぃよぉに
いらない感情も捨ててしまえばいぃんだ
気にしなければどぉってことないんだから
気にしなければ涙することもないんだから

燃やしてやる
[PR]

by sa_vertin | 2009-03-16 22:36

くそったれ   

楽しみにしてた
帰るのを楽しみにしてた
それが一瞬のうちに黒い時間と化した
あのひとが帰ってくる
そしてもぉひとり付いてくる
正直あたしはあのひとが好きじゃない
顔も合わせたくない
同じ空間にいるのでさえ嫌
だけど帰らなきゃ会えないひともいる
泣きながら言った
「あのひとには会いたくない」
それでもあのひとの考えは変わらなかった
あたしはまた惨めな女に成り下がる
笑顔の中を素通りすることになる
笑いたかった
笑っていたかった
でも泣くことしかできなかった
ひたすら泣いた
悔しくて泣いた
情けなくて泣いた
「あたしはなんなの?」
問いただしながら
だけど答えはかえってこなかった
楽しみにしていた日々は
きっと涙と化すだろぉ
[PR]

by sa_vertin | 2009-03-16 21:01

視界   

背中に向けられる視線感じては
歩き慣れた道をたどりながら
強い鋭い視線を感じる
目をつぶり二度と見えないくらい
そのくらいぼやけて見えたらいぃのに
[PR]

by sa_vertin | 2009-03-15 21:43

ピーチキャッスル   

ぼんやりとしかみえない
まわりがぼんやりとしかみえない
しかいがせますぎる

もぉだめなの?
[PR]

by sa_vertin | 2009-03-15 21:40