<   2008年 09月 ( 105 )   > この月の画像一覧   

your smile   

当たり前のように日差しが降り注ぎ
優しい風が揺れたあの日のこと
あたしの中で何かが変わるのを感じた
悲しくもないのに涙がこぼれたのは
君の想いがあまりにも強く伝わったから
もしも君が優しさに包まれたなら
笑ってくれるかな
[PR]

by sa_vertin | 2008-09-30 16:59

人間てさ   

偶然という名の出会い
それはいつしか必然になる
どんな時 君をおもいだすだろぉ
それは日常的なこと
切ないけれど毎日想ってしまうんだな
過ちを繰り返しそれに気づきまた過ちを犯す
人間てそんなふぅにできてたりするんだ
[PR]

by sa_vertin | 2008-09-30 10:16

救い   

泣いた
思いっきり泣いた
すっきりした
踏ん切りがついた
もぉあたしはひとり
自覚しなきゃ
大丈夫
きっと大丈夫
そぉ信じて歩くしかない
歩みはとめたくないから
たまにゆっくり歩きながら

あたしがしてきたことは
ちっぽけなことばかりだけど
誰かの役にたってればいぃな

それが今の救い
[PR]

by sa_vertin | 2008-09-30 07:36

平和馬鹿   

いついつの日かくるであろう愛しい日は
どんどん遠ざかっていき
待ちくだびれたあたしはアスファルトの上に座る
鼻歌うたいながら歩く真っ直ぐな道
遠くから子供たちの声が響いて
ひとり物思いにふけってしまう
あの楽しそうな声もいつかは消えてしまうんじゃないかと
ブランコを楽しそうにこいでる女の子
おにごっごをして駆けづり回ってる男の子
あの子達の笑顔をつぶしちゃいけない
今のオトナは自分本位でしか世の中を見ちゃいないから
関係のないことには一切興味をもたない
だけど輪を広げることが大事だと思うんだ
平和の輪を広げることはすごく大切だと思うんだ
未来につなぐバトンに笑顔を沿えてやりたいじゃない

基地がまた新しくできる
オトナの世界には飴と鞭があって
飴を選んだ結果なんて知ったこっちゃないんだ
少しずつでもいぃ 歩み始めてほしい
[PR]

by sa_vertin | 2008-09-29 07:16

言葉馬鹿   

あたしは言葉を綴ることしか知らない
絵を描くことも歌を歌うことも知らない
大馬鹿者だ
この世界に生まれてきて
こんなに愛され育まれてきたのに
なんの恩返しもできていない
いつ消えてなくなるかわからない島
いつなくなってもおかしくない珊瑚礁
既にピエロになっているこの島に
どんな希望がもてるだろぉ
どんな光を灯せるだろぉ
ひとりだけじゃだめなんだよ
みんなが声をあげなきゃだめなんだよ
その勇気はある?
あたしは声をあげたい
この世界のために この星のために
ちっぽけな存在だけど声をあげたいんだ
何ができるかわからない
それでも何かしたい
こんなに愛に満ち々ちあふれた世界なんだから
できないはずはないんだ
叫びたい もぉやめてと叫びたい
地球が悲鳴をあげてるよ
それでもあたしたちを生かしてくれてるんだ
その寛大さにどぉして気づかないの
「平和」が当たり前じゃないんだ
のほほんと生活している場合じゃないんだよ
声あげて手をあげて

小学生の頃 あたしは近くの海のごみ拾いをひとりでやった
膨大なゴミ袋の山になった
その時 思ったんだ
「この星が危ない」
小学生の頃がそんなだったから今じゃもっとすごいだろぉ

どぉかこれ以上この星を痛めつけないでほしぃ
今のままでいくと破滅への道しかないんだよ
机上だけの論議はたくさんだ
現実を見ろ
失いかけているものがたくさんある

早く気づいて
[PR]

by sa_vertin | 2008-09-29 06:55

スタートライン   

例えば勝手な思い込みで信じた分凹むのもありがちで
おかしなピエロになって音楽にあわせて踊る
空に浮かぶ雲にか細くとも途切れはしない確かな祈り
変わってゆくあなたも変わらないあなたも
普段顔したあなたも揺れた心は変わることなく
ただ虚しさが募るばかりで
探して見つかるくらいのそんな簡単なものじゃないから
手探りの日々を繰り返して
誰もが必ず手にする喜びの未来を
少しずつ少しずつ歩みを止めないで手にしようとする
見えるものだけを信じてちゃホンントのことが見えなくなる
夢の間にはさんだしおりを一枚ずつ数えながら
向こう側に見える光を見つめて
ゆっくりと走り出す スタートラインまであと少し
[PR]

by sa_vertin | 2008-09-28 20:44

孤独との戦い   

アスファルトに咲く一輪の笑顔のよぉに
ささやかに小さな喜びを抱きしめられたら
それを幸せとよぶのだろぉ
誰もいない路地裏で涙をこらえては
孤独とゆう弱さと戦う
流れる時が人を変えるとゆうが
流されてゆくことと歩みを続けることは違う
[PR]

by sa_vertin | 2008-09-28 20:36

弱い自分   

結局
ヒトの言葉によって
あたしは崩れていく
結局
ヒトの行動によって
あたしは壊れていく

リスかもODモなんにもいぃことない
奇異な目で見られるだけ

明日がすぎたら少し休もう
[PR]

by sa_vertin | 2008-09-28 14:15

ごめんなさい   

画像見た方ごめんなさい。あんなもの載せるものじゃないね。
ごめんね。
[PR]

by sa_vertin | 2008-09-28 12:48

遅すぎた目覚め   

あなたは言いました
「一番しんどい時に一番ひどいこと言ったの誰?」
あたしです
あなたは言いました
「結局、俺は捨てられた人間なんだ」
そんなことはない
捨てたつもりはないの
ただあたしが精神的におおかしかったの
あなたについていけないわけじゃなkったのかもしれない
ほんとはついていけたかもしれない
だけどあの頃のあたしは自分のことでいっぱいだった

今度会う時はほんとに「さよなら」なんだろね
それまであたしがもつかどぉかわからないけど
一目でもあなたの顔がみたい

バカなあたしは雨の中を涙と共に歩く
[PR]

by sa_vertin | 2008-09-28 08:13