<   2006年 11月 ( 84 )   > この月の画像一覧   

  

なぜ巡り会うのかを
私達はなにも知らない
いつ巡り会うのかを
私達はいつも知らない

どこにいたの?
生きてきたの?

遠い空の下
ふたつの物語
織り成す路はただひとつ

なぜ生きてゆくのかを
迷ったお日の後のささくれ
夢追いかけ走って
転んだ日の後のささくれ

こんな人間がなんになるの

織り成す路は
いつか誰かの傷をかばうかもしれない
[PR]

by sa_vertin | 2006-11-30 23:00

「死にたい」   

今日は死ぬコトばかり考えていた。

「どぉやって死のぉ」
「死ぬなら明日の記念日…」

でも思いとどまった。
「そのまんまでいぃ」と言ってくれたから。
「自分を受け入れられればラクになる。
 自分は自分以上にはなれないから」

「側にいるよ」

あたたかいコトバたちだった。
あたしが捨てよぉとしたものはみんなへの裏切りでもあった。

ごめんなさい。

不器用ながらにも生きていくから。
でも…血が見たい…(苦笑)。
卒業卒業。もぉ卒業って決めたんだから。
ねぇ…生まれるものはなにもないもんね…
[PR]

by sa_vertin | 2006-11-30 21:08

あした   

明日は運命の日
あたしが監獄に入れられた日
失うものなんてなかったあたし
ただヒトリ相方だけ
抜け殻のあたしは
あの檻の中で生活を始めた
辛い日々だった

そして今も辛い
早く迎えたい 終焉の日を
[PR]

by sa_vertin | 2006-11-30 17:39

大っ嫌い   

こんなあたし

いらない

だいっきらい
[PR]

by sa_vertin | 2006-11-30 00:24

宙ぶらりん   

あたしの想いは届かずじまい
一方通行じゃぁおハナシにならない
それでもいぃと思ってた
その時までは
でもあたしは誰に必要とされてるの?

どぉかあたしに優しさをちょぉだい
抱き締めて大丈夫って言って
[PR]

by sa_vertin | 2006-11-30 00:13

解離   

今日はあたしの恩人のせんせぇと、そのお友達とお食事をした。(と言っても、あたしはほとんど口にしてないけど…吐いたし…)そのお友達も病気持ちだった。「一度、会わせたい」と言われて今日、会った。あたしがテンション高すぎたのか…最初は無口なコだった。でも少しずつ話し始めて服のコトとか化粧のコトとか話題ができた。そんな中、せんせぇがとても彼女を大切に考えてるんだなぁとゆぅのを感じて少し羨ましかった。あたしはもぉせんせぇから卒業しなくちゃいけないのかもしれないとも思った。もっと強くならなければ、と。でもそれは苦しい。そんなコトを思いながら…あたしとしたことが…解離してしまった。彼女はきっと孤独に苛まれただろぉ。なんて失態。その後、彼女はすぐに発作をおこした。あたしのせいだ。弱い弱いコだった。もっと気をつかうべきだった。ごめんね、とち。でも今日は楽しかったよ。ありがとぉ、せんせぇ、とち。
[PR]

by sa_vertin | 2006-11-29 23:51

いろいろなコト   

今日は大学には行かない。おウチでお勉強。
きのぉは相方が午前中で仕事が終わったからイカ釣りに出かけた。夜の8時くらいまで、さむぅぅぅぅぅい岸壁に立って、ひたすら竿を投げてた。そしていつもの如く、あたしはまた竿を壊した…ごめんなさい…収穫はゼロ。まだ時期が早かったみたい。

ホントは今日、病院に行く予定だったんだけど、急に食事会のハナシが入ってきたのでクスリは相方に頼んだ。どぉせ眠剤もらいにまた行かなきゃいけないし…眠剤のせいで朝、カラダががちがちに固まってる。左手を起こすにも右手を添えなければ動かせない。ODする報い。

毎日、生き辛いなぁ…としみじみ思う。このまま消えてしまえば…冬の木枯らしと一緒にどこか遠くに飛んで行って誰か踏みつけてくれたらいぃのに…なんて思う。最近、前が見えない。仕事のコトでアタマがいっぱいで他のコトはなんにも考えられない。情けないなぁ…食べてないから記憶力も当然わるい。何を言われてるのかもわからない。毎日怒られてばかり。2日続けてイタいコトバをくらったあたしは自分の存在価値を見失ってる。自分でもよくわかる、それが。もぉすぐ12月。なんとかしなきゃ…

外では我が家のよぉにしてにゃんが寝転んでる。おまえら…エサ代くらい、なんかで貢献しろや…寝てばっかていないでさ。なんて言っても、こっちもにゃんがいるお陰でアロマになってるんだけどね。

今年は春先にかけて忙しくなりそぉだ。父の心臓の手術がある。その後、脳の手術もする。仕事は忙しいけど、せめて手術日くらいは病院にいてあげたい。大切なトモダチにも会いにいかなくちゃいけない。それはとても楽しみにしてるコト。大学の試験もある。それはとても憂鬱なコト…でもやり遂げなくちゃ…あたしが決めたコト。

存在を消し去りたいけど、生まれたからには生きていかなくちゃいけない。どんなに辛いコトが待っていても。それでも気持ちが萎えそぉな時は誰かに助けを求める。そんな約束をきのぉした。生きる。生き抜いてやる。泣き腫らした眼を拭って生きてやる。
[PR]

by sa_vertin | 2006-11-29 14:20

重い朝   

きのぉも眠剤をのまなかった。どのくらいたったら眠れるのか知りたかったから。眠気がくるまでCD聞いたり手紙かいたりしてた。それでもいろいろ書いてたら、もぉ書くコトもなくなってフトンに転がってた。結果、3時すぎに眠気がきて、たぶん4時くらいには寝ただろぉ。朝、目覚ましが2つ鳴った。起きれなかった。相方の「コツン」で起きて第一声が「ヤバくない?」…返すコトバがなかった。朝から重たい雰囲気。だって眠れなかったんだよ…ひとりグチた。寝不足が続いてる。自分が選んだコトだけど…

生きるのに疲れた
[PR]

by sa_vertin | 2006-11-29 06:34

ありがとぉ   

絶えず あたしのココロが叫ぶ

「どぉにかしてよ」

生きていたくない 
こんな抜け殻のあたしじゃ
なんの意味もない
こんな無意味なあたしじゃ
なんの役にも立たない

みんな頼ってくれてる
それで なんとか生きていられる
それがなくなったら
脆弱なあたしは崩れ落ちるだろぉ

それでも 死にたい気持ちは捨てきれない
甘えてるのはわかってる
もっと頑張んなきゃいけないのもわかってる
わかってるけど…淋しいんだ…

みんながいてくれるから
あたしは生きていけるんだろぉ

ありがとぉ
[PR]

by sa_vertin | 2006-11-29 00:14

あい   

同じ空の下 生きながら
何も言えずにごめんなさい
まるで 産まれたての赤ん坊のよぉな無力さ

テレビには飢えた子供たち
あたしたちはいつも目撃者になるばかり

もぉ少し考えて
愛のコトを

もぉ少し考えて
愛の事柄を

ごめんね 世界中の全て
今 あたしは自分のコトしか考えてない

ごめんね 世界中の全て

ありがとぉ こんなバカなハナシ聞いてくれて
[PR]

by sa_vertin | 2006-11-28 22:36