2006年 11月 28日 ( 4 )   

あい   

同じ空の下 生きながら
何も言えずにごめんなさい
まるで 産まれたての赤ん坊のよぉな無力さ

テレビには飢えた子供たち
あたしたちはいつも目撃者になるばかり

もぉ少し考えて
愛のコトを

もぉ少し考えて
愛の事柄を

ごめんね 世界中の全て
今 あたしは自分のコトしか考えてない

ごめんね 世界中の全て

ありがとぉ こんなバカなハナシ聞いてくれて
[PR]

by sa_vertin | 2006-11-28 22:36

時間   

汚れ無き眼で先を見据え自分を見つめる
見えるのは紅い光
あたしの終焉

季節をめぐるページが1ページまた1ページとめくれていく
さよならを決めたのは決して過去に捕われてたからだけじゃない
新しい出発を決めたから
だからと言って今すぐ歩み始められるわけでもない
あたしには時間が必要
本来の自分を見付ける時間が
残された時間はとても限られているけど時間がほしい

もぉ一度、自分を見つめ直したい
[PR]

by sa_vertin | 2006-11-28 15:21

腐れモノ   

「ウチあんたのせいで怒られるの、もぉ嫌やけん」

しょっぱなに言われた。
また小さく「すいません」

あたしってホント役に立ってないんだなぁ…
当然の如くパニック発作。
もぉいぃ。情になんか触れない。
あたしがバカだった。
やれるだけのコトをやろぉと必死だった。
それでも届かない。
なら届かないままでいぃ。
あたしはこれ以上 がんばれない。
[PR]

by sa_vertin | 2006-11-28 13:35

るーぷるーぷ   

優しさに包まれていた
空のよぉな蒼い優しさに
涙が零れた
ひとり 泣き 
ひとり 笑った

首吊りブランコやめた

苦しいけど生きてかなきゃいけない
あたしには使命がある

遥か彼方に見える光目指して
笑い 泣き ループループ
[PR]

by sa_vertin | 2006-11-28 06:44