2006年 11月 06日 ( 3 )   

あぁー…   

あぁー…切りたい。自己の甘さに腹が立つ。なにが仕事だ。なにが大学だ。なぁ〜んにもできてないじゃん。自分の身の回りのことさえできてない。甘えてる。もぉいぃ歳なのに…不甲斐無さが情けない。切りたいな…でも切れないな…

静かな夜、あなたを想えば、どこまでも続く宇宙(そら)。言葉にできない大切なことを今はまだ持て余している。だってこんなにも近くにあるはずないから。上手だとは決して言えない人生を抱きしめて生きる。あなたは疲れ果てて生きていくコトにさえ背を向けていた。あたしが愛してあげる。あたしが許してあげる。世界中がなにを言っても抱きしめてあげる。だから、そんなに自分を責めないで。どんなに醜いあなたでも抱きしめてあげるから。
[PR]

by sa_vertin | 2006-11-06 19:05

交流   

やっと仕事おわり。定時より1時間オーバー。しかも今日は失敗も多かった。事故嫌悪を感じながらの半日だった。明日もこれからもこんな仕事をしていくのかと思うとやっぱり憂鬱になる。でも、それでも行かなくちゃいけない。それが生活するための術だから。

3日から黒猫さんが来ていた。1日目はあたしのお気に入りのカフェに3人(相方と黒猫さんとあたしと)で行っておしゃべりしてた。どぉやら黒猫さんはカルマンが苦手みたい(苦笑)。古いから「壊しそう」だって。カフェから出た後は砂浜に行って、ただぼーっと海をながめてた。ナニか少し話したかな…夜はまぁ未成年だからお酒は飲ませられなかったけど楽しくおしゃべりをした。

2日目は、あたしは仕事だったから行きたくもない仕事に行ったけど、相方と黒猫さんは釣りに行ったらしい。どぉも釣りのエサにする虫が嫌いなよぉで(あたしも最初は苦手だったけど)相方しか釣ってなかったみたい(苦笑)。まぁ楽しめたんならいぃんだけど…午後からはレンタルショップに行ってDVDを何本か借りてきて観た。ちょっとホラー系。好きなんだって。でも朝はやかったあたしは途中で眠ってしまって1本目は途中までしか観れなかった(苦笑)。眠たかったんだよぉ。2本目は観たけどね。
黒猫さんはとてもマイペースで、でもその奥で気遣いがあり、かわいらしぃ女の子でした。「姉御肌」と言われたあたしはちょっとショックで…(笑)。でもまぁかわいぃから許しませう。

最後の日は朝から北九州に行ってウィンドーショッピングなるものをした。お昼は名物の焼きカレー。あちこち写真を撮って、ってゆぅか撮らせて歩いた。ある一軒のお店で見つけたメガネケースを気に入ったらしく、それをプレゼントした。相方のお金で(苦笑)。その後駅まで行って、まだ時間もあったので黒猫さんを改造しよぉと伊勢丹の化粧品売り場に行って「変身させてください」と言って黒猫さんにメイクをしてもらうよぉにお願いした。そしたらまぁ、やっぱりかわいくなった。ルンルンで新幹線までの時間をホテルのカフェでつぶして名残惜しいなぁ…と思いながらおしゃべりしてた。
新幹線の時間も近づき、そろそろホームへ…ってな時に自動改札機にどれを入れていぃのかわからない黒猫さんにちょっと笑ってしまった(苦笑)。かわいぃなぁ…もぉ!ホームで新幹線を待つ間、少し沈黙が続いた。プルルルルルルル…来た。ハグをしよぉと思ってたんだけど黒猫さんはちゃっちゃと新幹線に乗ってしまった。相方もそれには拍子抜け(苦笑)「サッパリしてたね」の一言だった。でも黒猫さんはウチにほんわかした空気を残してくれた。今度はあたしたちが黒猫さんちに行く約束をした。その日が楽しみだ。
[PR]

by sa_vertin | 2006-11-06 13:42

おはよ   

やっぱし眠たぁぁぁぁい…きのぉは朝から動きまくりました。内容はまた昼にでも…

今日もがんばって仕事こなしていこぉ。月曜だから忙しいな…ちょっと憂鬱だな…でも行かなきゃ。イヤな1週間がまたはじまる。
[PR]

by sa_vertin | 2006-11-06 06:39