抱えきれないもの   

美しいものを「美しい」といえることは尊いこと
荒んだ世の中を嘆くより僅かな希望を持つ事はとても勇気のいること
人間は何度も何度も同じ過ちを繰り返してきた
未だそれに気付かず足下すら見ようとしない
そんな現実に未来はあるのだろぉか
儚き命だからこそ大切に大切に抱えて歩いていかなくてはいけないのか
たとえ翼が折れたとしてもその眼に光がありさえすれば
[PR]

by sa_vertin | 2009-03-07 13:58

<< 壁 焦る想い >>